本

出版に関わる仕事

編集の仕事は、書籍や雑誌の内容の企画、取材、記事作成など、出版業務全体を担います。業務量も多いため、求人は多く出ています。必要な資格は特に無いので、まずは求人を探して、見習いをしながら自分のスキルを高めてみましょう。

詳しく見る

男の人

楽な方法で応募できる

携帯ショップで働くためには求人を探すことからスタートします。求人サイトには携帯ショップの募集がありますし、サイト上から氏名や電話番号などの情報を入力し、送信するだけという楽な方法で応募することができます。

詳しく見る

能力や実績が大事

女性 既卒での就活なら、実力さえあれば大手企業に入る事も可能であるため、大胆に企業を選んでみてもいいのではないでしょうか。ただし、入社がゴールでは無く、スタートであるため、日々成長する姿勢を忘れない様にしましょう。

詳しく見る

生活には欠かせない仕事

レディ

経験がなくても今までの職歴によっては即戦力として正社員で採用されるケースもあります。秘書に限定して仕事を探す場合は転職サイトや求人サイトに登録してみてください。ネットで秘書の求人を簡単に検索することができます。

詳しく見る

人気がある職場

書籍 編集の求人募集に関しては、様々な職場があるということからきちんと考慮して最適な仕事を見つけていくことがとても大事です。編集の仕事に関しては、ライター系から在宅ワーク、映画関係など様々な求人募集があります。

詳しく見る

様々な体験ができる

婦人

ビジネスマナーが応用可能

秘書とは、会社の社長や病院の院長、国会議員などをサポートする仕事のことをいます。秘書検定などもあり、検定に合格していた方が優遇されますが、必ずしも検定が必要なものばかりではありません。雇用形態は、正社員の採用が多いですが、たまに派遣社員などでも秘書をしていることがあります。正社員としての秘書の特徴の一つは、マナーを重視していることです。特にビジネスマナーは重要で、来客として訪れる相手も重役や会社の社長を国会議員などになりますので、最低限のマナーではなく質の高いマナーを身につけておくことが大事です。取得するまでは簡単ではありませんが、一度取得してしまうとどの会社でも応用することができるため、大きなメリットと言えるでしょう。もう一つの特徴は、サポートに回ることです。通常正社員の場合はサポート的な役割よりも主役となった方が給料は高くなりますが、秘書の場合は一般企業の社長や重役社員あるいは国会議員などをサポートすることで、仕事を円滑にしていきます。そのため、自分が主役として働きたいと考える人よりも、人のサポートをすることが得意と感じる人が向いています。正社員になった場合、どの仕事でも事務仕事も行うため、パソコンの検定などを持っていると採用されやすい傾向があります。パソコンで必要な知識は、特別難しいものでなくてもよいですが、例えば社長のスケジュールの管理をするためにエクセルが使えることや、文章を打ち込むときにワードを使えることが必要になります。

Copyright© 2017 秘書の正社員職に就こう|必要なスキルをチェック All Rights Reserved.